例え一時的な住まいである賃貸マンションでも、自分の努力次第で住みやすくなり次第に愛着が出てきます。

住みやすい賃貸ってどんな住まい?

住みやすい賃貸ってどんな住まい?

住みやすい賃貸にするには

新しい賃貸生活は胸が弾みます。実際に行ってみたことがある地域でもただ行くのと住むのとでは大きく違います。住んでみて初めてその地域のいい所も悪い所も見えてきます。いい意味でも悪い意味でも、住む前に持っていたイメージとまったく違う暮らしになるかもしれず、それも気軽に借りれる賃貸だからこそ体験できることです。その地域を好きになるためには、住んでしばらくの間は、できるだけ周辺を散歩して回ることをお勧めします。近所の公園や空き地、寺院などをぶらぶらして歩いて回れば、意外な近道を発見したり、隠れ家的なお店を発見したりできることもあります。自分だけのお気に入りスポットを増やすことで、その地域に愛着が沸いてきます。また、外に出て回ることで、地域に住んでいる人達との触れ合いも期待できます。現在は減ってきましたが、例え賃貸暮らしでもご近所とコミュニケーションを取ることは大事です。ご近所とのネットワークで、地域の耳寄りな情報が手に入るし、防犯の上でもとても役に立ちます。

周辺環境だけではなく部屋も自分次第で住みやすくなります。賃貸の部屋は狭くてシンプルな作りのものが多いですが、自分の工夫次第で、とても住みやすく、居心地のいい部屋にできます。賃貸マンションなどは、一時的にその部屋を借り受けているだけなので、自分で勝手に間取りを変えたり内装を変えたりしてしまえば、退去するときに莫大な原状回復費を請求されてしまいます。自分の好きなようにリフォーム工事ができない点が賃貸物件のデメリットの代表ですが、市販されているアイデアグッズを使えば、壁や床などを傷つけなくても、手軽にプチリフォームができます。畳の和室を洋室にしたい場合は、敷くだけで手軽にフローリングの床材にリフォームできる、フローリングマットが売っています。壁紙も、貼って剥がせる賃貸用の壁紙が販売されており、カラフルなものや小花模様のものなど、自分のお気に入りの壁紙を選んで壁に貼ると、部屋全体がまったく違う印象になるのでお勧めです。
Copyright (C)2014住みやすい賃貸ってどんな住まい?.All rights reserved.